琉球

八重山諸島

【波照間島】暫く航空路線のない状態が続いてる「波照間空港」。ここにきて路線復活を目指す動きが!島民・観光客の利便性向上の為、今度こそ実現してほしいものです!

日本最南端の有人島ですので勿論日本最南端の空港が「波照間空港」になります。 過去には琉球エアコミューターが石垣空港との路線を開設していましたが、2007年に撤退。別会社が引き継いだものの、翌2008年に経営破綻し休止して…

八重山諸島

【波照間島】日本最南端の碑の先にある断崖絶壁の岬「高那崎」。コバルトブルーの海と荒々しく打ちつける波!美しくもダイナミックな絶景が目の前に広がります。

高那崎は波照間島の最南端を含んだ島の南東部付近一帯を指します。 そこには勿論日本最南端の碑もありますが、その先の岩場を進んでいくと琉球石灰岩の切り立った断崖絶壁が1㎞にも続き、島の屈指の景勝地となっています。 目の前には…

沖縄本島

【沖縄本島】沖縄県中部最大の聖地にして琉球八社の一つ「普天満宮」。初詣をはじめ多くの参拝者が訪れる地域に根差した神社です。

正式名称は「普天満宮」(ふてんまぐう)となります。 那覇空港から車で約40分、宜野湾市の普天間にあり沖縄県中部エリアの中核的神社で、多くの方が初詣や諸祈願に訪れます。 特に初詣の際は境内に人が溢れかえり、三が日は勿論、数…

テーマパーク・レジャー

【沖縄本島】昨年の昇格により創設以来初めてJ2で闘う「FC琉球」。序盤の好成績とスター選手の加入などで益々盛り上がりを見せています。

観光地や飲食店の紹介がメインの本ブログですが、沖縄に関わるもので情報であればあらゆるものを取り上げて行きます。 その中で今回はプロサッカーチーム「FC琉球」の紹介。ホームタウンは沖縄市を中心とした沖縄県全県。チームカラー…

テーマパーク・レジャー

【沖縄本島】昔ながらの沖縄の古民家の建ち並ぶ風景と沖縄伝統文化を体験できるテーマパーク「琉球村」

無料エリアと有料エリア(大人1,200円)に分かれ、無料エリアでもカラフルで可愛い紅型(びんがた)の着物やエイサーの衣装を着られる琉装やシーサーの色付け、島ぞうり彫りなど楽しい体験ができます。(体験毎の料金はかかります。…

世界遺産

【沖縄本島】世界遺産「琉球王国のグスク及び関連遺産群」の一つ「勝連城跡」。丘陵上にある城の最上部(一の曲輪)からの眺望は一見の価値あり。

那覇市内から車で45分程、うるま市の勝連半島にある勝連城跡は、世界遺産「琉球王国のグスク及び関連遺産群」の九つで構成される史跡の一つです。 世界遺産に登録されているにもかかわらず、入場料無料で自由に見学できます。 歴史的…

ビーチ

【沖縄本島】琉球八社の最高位に位置する由緒ある神社であり、最大のパワースポット「波上宮」その直下には那覇市内唯一の海水浴場「波の上ビーチ」

その名の通り、沖縄の青い海を見渡す崖の上にそびえ立つ波上宮(なみのうえぐう)。地元の方から「なんみんさん」の名で呼ばれ親しまれており、初詣には沖縄随一の参拝客、また節分や5月のナンミン祭でも多くの参拝者で賑わいます。その…

テーマパーク・レジャー

【沖縄本島】南国でしか見ることのない1300種類以上の植物を展示、他に小動物とも触れ合えたり様々な楽しみ方ができる「東南植物楽園」

世界中から熱帯、亜熱帯の植物が集められ、ここでしか見られない貴重な植物が沖縄の気候を活かし自然に近い形で見ることができます。また動物ふれあい広場で小動物たちと触れ合えたりもできます。また当施設の目玉の一つ「琉球金宮観音菩…

夕日

【沖縄本島】沖縄本島の代表的な景勝地、象の鼻に似た岩が有名で眼下にエメラルドブルー海が広がる「万座毛」色々な表情をまとめてみました。

しばしば沖縄旅行のパンフレットに使われる程の定番の観光地。琉球国王尚敬王が「万人を座するに足る」と賞賛したことが名の由来「万人も座する草原」(毛=草原)と言われています。昼間のこれぞ「万座毛」というダイナミックな絶壁と青…

テーマパーク・レジャー

【沖縄本島】沖縄の魅力をぎゅっと詰め込んだテーマパーク「沖縄ワールド」は子供から大人まで楽しめるテーマパーク。園内の鍾乳洞「玉泉洞」はその規模と美しさに圧巻されること間違いなし!

沖縄の文化、歴史、自然を展示する人気のテーマパーク。古民家を移築した琉球王朝の街並みを散策したり、工芸体験、ハブの博物公園、エイサーの公演等も見られます。琉装体験も人気ですね。 またテーマパーク内にある天然記念物の鍾乳洞…