沖縄

テーマパーク・レジャー

【沖縄本島】昔ながらの沖縄の古民家の建ち並ぶ風景と沖縄伝統文化を体験できるテーマパーク「琉球村」

無料エリアと有料エリア(大人1,200円)に分かれ、無料エリアでもカラフルで可愛い紅型(びんがた)の着物やエイサーの衣装を着られる琉装やシーサーの色付け、島ぞうり彫りなど楽しい体験ができます。(体験毎の料金はかかります。…

沖縄本島

【沖縄本島】益々オシャレに生まれ変わった北谷「アメリカンビレッジのシーサイドエリア」と「青いテトラポット」

沖縄本島の中でも随一のオシャレな町並みか広がる北谷町美浜の「アメリカンビレッジ」。 そのシーサイドエリアの景観改良工事が4月下旬に工事が完成し、新しく生まれ変わりました! 海岸沿いに建つ建物がカラフルでオシャレな上に海に…

沖縄本島

【沖縄本島】店内カウンター席の窓枠越しに見える海はまるで絵画。海カフェの代名詞のような存在の「浜辺の茶屋」

沖縄にまだカフェが少なかった20年以上も前にオープンし、近年の海カフェブームの先駆けとも言われる浜辺の茶屋。屋上テラス、店内、海辺など、どの席からも海を楽しむことができます。屋上テラスは青い海を眺めながら潮風をダイレクト…

ビーチ

【沖縄本島】どこでもドアが出現!新しいインスタ映えスポットとして今注目の今帰仁村「ウッパマビーチ」

まず沖縄でウッパマビーチと呼ばれるビーチが二つあるのでカーナビなどをセットするときはご注意下さいね。 今帰仁村と東村。どちらもきれいでステキなところなのでもし間違えても楽しめるとは思いますが…笑。 東村のビーチの紹介はま…

ビーチ

【沖縄本島】安良波公園内にある「アラハビーチ」町民が思い思いの時間を過ごす憩いの場。北谷の町中にありアメリカンな雰囲気に満ちています。

アラハビーチは全長約600mにわたって白い砂浜が続く比較的新しい人工ビーチ。ビーチサイドの公園内では海賊船「インディアン・オーク号」のモニュメントが置かれており、その周辺のアスレチックの遊具で子供たちが遊んでいたり、バス…

【沖縄本島】様々な場所から見れる古宇利大橋。どこから見ても絶景ですが色鮮やかな海と古宇利大橋の全景が見れる「運天森園地」は特別な場所。

古宇利島周辺の海は本島屈指の美しさを誇り、その古宇利島にかかる古宇利大橋と海とのコントラストはまた素晴らしく、橋をバックに記念撮影をする方も多いと思います。 そんな古宇利大橋ですが、こんな角度から見れることはご存知でしょ…

伊平屋島

【沖縄各地】本島周辺を上空から。夕暮れ時のオレンジに染まった海に浮かぶ沖縄本島と周辺離島。その幻想的な姿に感動を覚えます。

沖縄本島周辺を上空の飛行機から撮った写真となります。 何回も沖縄を行き来してますが、このように地形がくっきりと浮かび上がりきれいに写真に納まる機会は多くなく、更にオレンジに染まったこの幻想的な姿に感動し、機内から夢中で写…

八重山諸島

【西表島】島の殆どが亜熱帯の原生林に覆われるジャングル。ほぼ全域が国立公園に指定される「西表島」。圧倒的スケールの大自然を前にいくつもの驚きと感動に出会えます。

石垣の離島ターミナルからフェリーで大原港まで約40分、上原港まで約45分。周囲が約130kmと沖縄本島に次いで2番目に大きな島で人口は2300人程。 東洋のガラパゴスと言われ独特の生態系を維持し、イリオモテヤマネコやなど…

沖縄各地

【沖縄各地】ステーキ激戦区の沖縄で、リーズナブルながら良質な肉・そのコスパの高さから支持を広げる「やっぱりステーキ」

アメリカの影響を受け、沖縄に定着・浸透しているステーキ文化。飲んだ後のシメにステーキというのは有名な話ですね。 そんな激戦区の沖縄で2015年オープンと比較的新しいステーキチェーンですが、県民に支持されて店舗数を急激に伸…

世界遺産

【沖縄本島】世界遺産「琉球王国のグスク及び関連遺産群」の一つ「勝連城跡」。丘陵上にある城の最上部(一の曲輪)からの眺望は一見の価値あり。

那覇市内から車で45分程、うるま市の勝連半島にある勝連城跡は、世界遺産「琉球王国のグスク及び関連遺産群」の九つで構成される史跡の一つです。 世界遺産に登録されているにもかかわらず、入場料無料で自由に見学できます。 歴史的…