【石垣島】八重山諸島の玄関口!離島巡りの拠点「石垣港離島ターミナル」




2007年1月から正式な運用が開始された石垣港離島ターミナル。ユーグレナが命名権を取得し、ユーグレナ石垣港離島ターミナルという愛称になっています。
石垣港にある離島航路の旅客ターミナルで、石垣島と八重山の各離島を結ぶ旅客船(高速船)が発着しています。
2019年現在、安栄観光と八重山観光フェリーによる運航で、竹富島・西表島・小浜島・黒島・鳩間島・波照間島への定期航路があります。そして前記の各離島は空路が無いため、当離島ターミナルから発着する高速船に乗って行くのが一般的な交通手段となります。
ターミナル内には200席の出発・到着ロビーや観光総合案内カウンター、海運業者の事務所や旅行代理店が入居しています。
コインロッカーもあり荷物の整理ができるのも嬉しいですね。
また飲食店やお弁当、お土産なども売っており、船の発着の空いた時間を有効に過ごすことができます。
のちに紹介する人気のマリヤシェイクはこのターミナル内の七人本舗で販売してます。
ターミナルの場所は730交差点に近い市街地にあり、中心地のホテルなどに宿泊している方にとっては利便性抜群ですが、空港までは15㎞程、30分程の時間を要しますので、石垣島への到着日や出発日に離島に行かれる場合は、時間に余裕をもって行動するように注意しましょう。
桟橋付近には、石垣島の英雄、具志堅用高さんの銅像が設置されており、定番のフォトスポットとして定着しています。

地図