【波照間島】日本最南端の碑の先にある断崖絶壁の岬「高那崎」。コバルトブルーの海と荒々しく打ちつける波!美しくもダイナミックな絶景が目の前に広がります。




高那崎は波照間島の最南端を含んだ島の南東部付近一帯を指します。
そこには勿論日本最南端の碑もありますが、その先の岩場を進んでいくと琉球石灰岩の切り立った断崖絶壁が1㎞にも続き、島の屈指の景勝地となっています。
目の前にはコバルトブルーの海が広がり、崖には荒々しい波による高い水しぶき。
美しいだけではなく迫力満点でスリリングな風景が見られます。
そして岩場にはトラの口と言われる大きな穴が開いている場所があり、そこから崖の下の海を覗くことができます。荒々しい海を間近に感じることができ迫力があり覗き込みたくなりますが、くれぐれも足元に注意し近づきすぎないように安全を確保してください。
ニシ浜の穏やかな海とは対照的な壮大でダイナミックな高那崎の海。様々な表情をもつ波照間島の奥深さが感じられます。
絶対に外せない島の景勝地。最南端の碑と併せて是非訪れて見てください。

地図