【波照間島】無数のサンゴで覆いつくされた個性的なビーチ。その珍しさに人気上昇中の「サンゴの浜」




島の西側に位置する小さなビーチ。
行き方がややわかりにくいのですが、先ずはガイドブックにも載っている「ハマシタン群落」の入り口の前の道路を南に進み、舗装道路が途切れるところに右に進めるあぜ道があるのでそちらに向かいます。その先に自転車を数台とめるスペースがあり、最後は短いながらも獣道。
草木をかき分けてビーチに出る感じが何ともいえません。
そこを抜けるとまるでプライベートビーチのような小さな浜に到着します。
白いので遠目には砂浜のように見えますが砂ではなく枝サンゴ。
台風などの影響により打ち上げられたサンゴが大量に堆積し、ビーチ全体を覆いつくしてます。
因みに沖縄の白い砂浜もサンゴが細かく砕かれて堆積したものであって、元は同じサンゴではありますが、この浜はそのサンゴが原形のままビーチを埋め尽くしているとても珍しい場所です。
他ではなかなか見ることのできない「サンゴの浜」是非足を運んでみては如何でしょうか?

地図