【黒島】牛だらけの島にちょっと変わった牛を発見。その正体は自然の作った造形美「振り向き牛の岩」




黒島研究所の近くの保慶海岸。「ノッチと振り向き牛の岩」が見られる場所としてよく紹介されています。
波や海中生物殻の侵食で根本がえぐられて細くなった隆起サンゴ礁をノッチといい、この保慶海岸では多くのノッチが見られます。そのノッチの中でも特に有名なのが「振り向き牛の岩」です。
奇岩に名前がついてるところはたくさんありますが、正直余り似ていなかったり微妙だなと感じることも多々ありますが、この「振り向き牛の岩」は見ての通り、誰もが納得する完成度ではないでしょうか。
まさに自然の作り出した造形美、芸術品ですね。
また牛の島・黒島を象徴するかのような牛のモニュメント、偶然ながらもこの関連性も面白いですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

okinawa naviさん(@okinawa_navi)がシェアした投稿

地図