【粟国島】自然が生み出した造形美・巨大な割れ岩をくぐり抜け、その先に広がる筆ん崎を臨む海岸へ。スリリングで異空間の光景が広がる「東ヤマトゥガー」




巨大な岩を真っ二つに切り裂いたような割れ目を抜けると、筆ん崎(ふでんざき)を臨む海岸が開けます。そこは火山の名残を感じさせるごつごつとした黒い岩や溶岩のような地質のダイナミックかつ重厚な地形であり、いわゆる沖縄の観光地とは全く異なり他では決して見られない風景です。また数十年前まで使われていた「簡易水道施設跡」が遺跡のような雰囲気を醸し出し、さらに独特の空気を引き出してます。

 

View this post on Instagram

 

okinawa naviさん(@okinawa_navi)がシェアした投稿

地図