【石垣島】美しいマングローブの森を満喫できる癒しスポット「吹通川のヒルギ群落」




ヒルギとはマングローブを構成する一つの植物の種類のことであり「吹通川のヒルギ群落」は以前に紹介した「宮良川のヒルギ林」と並んで石垣島でマングローブ(ヒルギ)を観察できるスポットです。
島北部を流れる吹通川の河口周辺に広がるヒルギの群生地帯で、県道79号線が吹通川の河口を横断しているので、そばにある駐車場に車を停めて橋(吹通橋)の上から気軽にマングローブを眺めることができます。
また川岸に降りる階段もあるので間近にマングローブを観察したり、干潮時にはその中を散策したりカニやハゼなど様々な生き物に出会うこともできます。
また吹通川のヒルギ群落では、カヌーやカヤックによるマングローブ林の中を進んで行くツアーもあるので体験してみては如何でしょうか。
尚、夕方に立ち寄ったのですが南国ならではの迫力のあるマングローブ林が夕日に映えてとても美しい風景を見ることができました。日中の深い緑のマングローブ林も良いですが夕日に照らされてオレンジがかったマングローブ林も素敵です.

《重要》現在石垣島は新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、川平公園など市の管理する観光名所全てを利用停止にしています。
またこのブログも、このような現状の中での沖縄観光を推奨しているものではありません。
沖縄のキレイな景色を見て少しでも癒しになったり、コロナ収束後に思いを馳せて楽しんで頂ければと思ってます。どうか現状での来沖はお控え頂きますようお願いします。

地図