【石垣島】川平湾のちょっと変わった楽しみ方のご紹介「川平湾を望むパーキング」と「川平湾小島」へ上陸してみました。




石垣島を代表する景勝地「川平湾」。
展望台や茶屋・売店などが軒を連ね、グラスボート遊覧などもできる川平公園で思い思いの時間を過ごすのが定番ですが、この投稿では少し変わった川平湾の楽しみ方を紹介します。
まずは写真1~3枚目、こちらは川平湾から車で10分弱、米原海岸方面に向かう県道79号線沿いにある「川平湾を望むパーキング」です。その名前の通り、少し離れたところから川平湾を望める駐車場になっており、川平湾の全景が見渡せます。いつもとはまた違う川平湾の様子を見ることができます。
そして4枚目以降の写真は、そのパーキングから海に続く脇道があり、そこを進んだ先にある海岸、そして小島(川平湾小島)への上陸した際のものになります。(10枚目地図)
この川平湾小島(かびらわんくじま、かびらわんくしぃま)は、川平湾の湾口をふさぐように横たわる湾内で最大の島で、陸側の水深は極めて浅いので干潮時には上陸する事ができます。(ビーチサンダル等で行く事をおススメします。)
いつも展望台などから見ている小島に上陸しているという不思議な感覚。そしてグラスボート発着地を対岸に眺め、その賑わいに対して同じ川平湾に居るのに対岸の小島には観光客も誰も居なくてまさに独り占め状態。かなりの穴場です。
景色も勿論、展望台付近からは見られない入り江の様子や、離れ小島の小ジャングルなども間近に見れて、全てにおいてとても貴重な体験ができます。
いつもとは違う川平湾のちょっと変わった楽しみ方、如何でしょうか。

地図