【沖縄各地】沖縄の方が夏を楽しむなら欠かせない「ビーチパーティー」。仲間や家族との絆を深める沖縄に根付いた素敵な文化です。




沖縄の人が夏の海の楽しむのに欠かせないビーチパーティー。
そもそもビーチパーティーとは、簡単に言うとビーチでバーベキューをすることですが、その盛り上がりといい頻度といい、沖縄ならではの文化として根付いてます。
一年中ビーチパーティーができる施設もありますが、一般的には海開きの始まる4月位からシーズンの終わる10月位まで賑わっています。
管理された県内の主要ビーチでは、バーベキューをするための大きなテントや東屋などが常設されており、バーベキューに必要な器材などがレンタルできます。
なので特別に器材をそろえなくても誰もが手軽にビーチパーティーをできる環境が整ってます。
そんなわけで、友達や家族と集まるのは勿論、同窓会や職場の歓送迎会などをビーチパーティで行うこともしばしば。沖縄の人にとってそれだけ根付いてます。
朝から晩まで沖縄のきれいな海を目の前にバーベキューを楽しみながらお酒を飲んだり、時にはビーチバレーやマリンレジャーなども楽しみ、仲間との絆を深めることができる沖縄の人にとってとても大切な時間です。
手ぶらでOKなお手軽プランがあったり、スタッフがセッティングしてくれたりするビーチもあるので、観光客の方でも参加する事が出来ます。
沖縄の人に混ざってビーチパーティーの雰囲気に味わってみるのも、とても貴重で楽しい思い出になること間違いないでしょう!
尚、写真はぎのわんトロピカルビーチと豊崎美らSUNビーチでのビーチバーティーの様子です。
トップの花火の動画はトロピカルビーチでのビーチパーティーの際、同時に開催されていた宜野湾はごろも祭りのプログラムで打ち上げられたもの。直接ビーチパーティーとは関係ありませんが、沖縄の夏の週末にこのようなイベントをやってることは珍しくないのでこのように花火が間近に見られることもしばしばあります。

地図