【沖縄本島】抜群のインパクト!リアルすぎてそのものがみどころである「ヤンバルクイナ展望台」。そしてそこからのぞむ辺戸岬周辺の雄大な景色も勿論おススメです。




沖縄本島最北端の辺戸岬から山側に見える巨大ヤンバルクイナの建造物。気になった方も多いのではないでしょうか。近くにある「ヤンバルクイナ展望台」です。
沖縄北部やんばる地域、しかも国頭村・大宜味村・東村にしか生息しない国の天然記念物であり、この地域の象徴ともいえるヤンバルクイナをモチーフとした展望台ですが、特徴的な赤いくちばしや赤い足など全てにおいて非常にリアルに作られていて、その巨大さと相俟って抜群のインパクト!展望台そのものが一つのみどころになっています。
辺戸岬などの遠目からみる存在感もなかなかのものですが、近くの足元から見上げるヤンバルクイナの姿はその迫力に圧倒されます。
内部には横の建物の階段から上がっていき最上階に展望室があります。展望室の位置はヤンバルクイナの首元にある小窓、そして羽の下にある窓の場所ですが、どちらも格子越しの風景(5-7枚目)になってしまうので、こちらよりも展望台の前にある柵のついた展望デッキ(8-10枚目)からの眺めの方が良いと思います。
そこから見れる宇佐浜から辺戸岬まで続く美しい海岸線、与論島まで見渡せる雄大な景観は本島最北端ならでの自然を楽しむことができ一見の価値があります。

地図