【石垣島】朝日がきれいな地元の方々の憩いの場所。一見素朴に見える「白保海岸」は、実は世界有数のサンゴ礁に囲まれた宝の海です。




市街地から車で20分、新石垣空港からは車で10分程の場所にある白保海岸。
約10kmにわたって天然の白い砂浜が続いており、朝日の見えるスポットでもあるようですね。
観光地化はされてないため観光客はほどんど居なくて、地元の方々が思い思いに過ごしている地元の憩いの場所のような雰囲気を醸し出しています。
広々と開放感があり自然を感じられる海ではありますがどこか素朴なイメージのあるこの白保海岸、実は沖合に行くと様子が一変します。
8,9枚目の上空からの写真をご覧ください。息をのむ程の美しさですね。
実はここ、希少なアオサンゴの大群落をはじめ、30属70種類以上の世界有数のサンゴ礁が生息している海域なのです。
海の中には色とりどりの熱帯魚も多く、シュノーケリングでは竜宮城のような世界が楽しめるとして人気です。
干潮時は沖まで歩いていくことができ、水面に出たサンゴや潮だまりの魚たちを観察することもできますが、有名なアオサンゴ群落が見られるポイントまではビーチから少し離れているので、シュノーケリングをする際はツアーがおすすめです。
是非、世界有数のサンゴ礁が広がる宝の海を体験してみては如何でしょうか?

シュノーケリングツアーを実施している店舗(詳細はお店に直接問い合わせて下さい。)
・民宿マエザト:0980-86-8065
・白保観光サービス:0980-86-8419
・ちゅらねしあ:090-2641-7601

地図